尿によるピロリ菌検査

尿からピロリ菌を検査する

抗ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査の中で、ピロリ菌が存在することによる抗体を「尿」から検出するものです。

 

 

尿を用いたピロリ菌検査の仕組み

仕組みは血液の場合と同じです。
ピロリ菌の感染によって生成する抗体を、尿から検出するというものです。抗体の発生メカニズムは血液の場合と同じです。

 

 

特徴

人間ドッグの中で、一緒にピロリ菌検査が行われる場合には、この尿検査により、実施される場合が多いです。

 

尿は、検体として取り出しやすいというメリットがあります。同じ抗体検査で、検体が血液の場合には、わざわざ何らかの方法で出血させなければなりませんが、尿の場合は採取するだけで済みます。ランセットなど特殊な器具も必要なく、とても使いやすい検査方法です。

 

血液の場合と同じく、尿の場合も抗体を検査していますので、ピロリ菌除菌後の成功、不成功の判定には不向きです。ピロリ菌の抗体は、ピロリ菌の除菌後もしばらく存在し続けるためです。