ピロリ菌検査の情報をお届けします。

突然の胃の異常を宣告され、胃カメラ、ピロリ菌検査、ピロリ菌除菌を成功するまでの顛末を書いています。

 

 

8.ピロリ菌の除菌中です

前記のピロリ菌検査の結果を受けて、それでは次にピロリ菌の除菌をしましょう、ということになりました。先生より「ピロリ菌がいると胃ガンになっちゃうよ」という解説ありました。その日の診察はそれで終了。

 

 その日は、除菌用の薬をもらって(購入して)帰るのですが、看護婦さんが除菌のやり方を説明してくれます。1週間で薬を飲み切り、その1ヵ月以降に除菌できたかを確認するため再びピロリ菌検査をするとのことです。診察のお金を払い、除菌薬をもらいに隣の薬局へ。ランサップ7日分を受領しました。

 

自分でも除菌ができるという除菌セットがあります。除菌薬 ランサップと同じ効能のものがかなりお安く購入できます。こちら

 

 

 

 

 

 ピロリ菌の除菌は簡単です。1日朝夕2回、1週間続けて処方された薬を飲み続けるだけ。
但し、飲み忘れると除菌に失敗するので絶対飲み忘れてはいけません。1日飲み忘れるとほぼ失敗するそうです。最初に除菌するのを1次除菌というそうです。薬をちゃんと飲んでも除菌に失敗する人はある割合で発生するらしいです。

 

 

 除菌薬はきれいにパッケージになっていて、ランサップ400(武田製薬)というものです。
タケプロン30、クラリス200、アモリン250がセットになっています。抗生物質(2種)とプロトンポンプ阻害薬です。

 

 

 

自分でも除菌ができるという除菌セットがあります。ランサップと同じ効能のものがかなりお安く購入できます。

 

 

1次除菌に失敗すると、次はもうちょっと強い薬が必要になり、2次除菌用の薬を服用することになります。1次除菌に失敗すると結構面倒なことになるようです。3次除菌用の薬というのもあるらしいです。

 

 

梱包から取り出した、ピロリ菌除菌薬 ランサップ400です。

 

たった1週間なので、忘れることなく、無事、薬を飲み切りました。ピロリ菌の除菌に成功しているといいのですが。

 

 

次のページ(9.除菌に成功!)へ

 

 

前のページ(7.やっぱりピロリ菌に感染していた)へ