ピロリ菌検査の情報をお届けします。

突然の胃の異常を宣告され、胃カメラ、ピロリ菌検査を経て、ピロリ菌除菌に成功するまでの顛末を書いています。

 

 

7.やっぱりピロリ菌に感染していた

 後日、先日行なったピロリ菌検査の結果を聞きに病院へ行きました。その結果、数値が基準値より大きく、陽性が確定しました。つまりピロリ菌に感染していたのが判明しました。下記がその時の検査表です。

 

自宅でピロリ菌の検査キットで、すでに検査を行なって自分が陽性であることはわかっていましたが、今回の病院での改めてのピロリ菌検査結果は、それを裏付ける結果となりました。

 

 

 

ちなみに、実際の自宅で行ったピロリ菌検査の様子はこちらです。
 1. DEMECALデメカル社のピロリ菌検査キット(抗体検査(血液))の場合

 

 2. ストロングステップ ピロリ菌検査キットの場合。

 

 

ピロリ菌の検査費用

 

さて、このときのピロリ菌検査の費用は次の通りです。
<1日目 検査当日>
・診察 76点
・検査 539点(ユービット錠389点、微生物学的検査判断料 150点)
計  615点
 ↓
6,150円(保険適用ない場合)…@

 

<2日目 検査結果を聞きに行った日>
・診察 178点

1,780円(保険適用ない場合)…A

 

@+A= 7,930円

 

 

通常、ピロリ菌検査のみを行うと保険が適用されないようですが、私の場合、後述のように、引き続きピロリ菌除菌を行う関係で、ピロリ菌除菌の中の一部としてピロリ菌検査がみなされているようで、自分の場合は保険適用(30%負担)になっています。

 

 つまり、ピロリ菌検査を受けるには、約8,000円ぐらいかかるいうことです。お値段もさることながら、ピロリ菌検査だけに病院に2日も行かなくてはならないなら、とりあえず、市販のピロリ菌の検査キットで検査して、白黒をはっきりさせるというのも、ひとつの手かと思います。また、ピロリ菌の検査キットは、実際に病院でかかる検査費用一式よりも、少しお安いですし。

 

 

ちなみに、実際の自宅で行ったピロリ菌検査の様子はこちらとなっています。
 1. DEMECALデメカル社のピロリ菌検査キット(抗体検査(血液))の場合

 

 2. ストロングステップ ピロリ菌検査キットの場合。

 

 

次のページ(8.ピロリ菌の除菌中です)へ

 

 

前のページ(6.ピロリ菌検査を行う)へ