ピロリ菌検査の情報をお届けします。

突然の胃の異常を宣告され、胃カメラ、ピロリ菌検査、ピロリ菌除菌に成功するまでの顛末を書いています。

 

 

5.ピロリ菌検査へ

 前回の胃カメラ検査からだいぶ経過しました。自身のピロリ菌の感染を確認したい、もし、感染しているようであれば、ピロリ菌の除菌を行ないたいと思っていたので、胃カメラ検査を行った病院にピロリ菌検査を行ないたいと伝え、受診することになりました。

 

 実は、複数の市販のピロリ菌の検査キットで自宅にて検査済みで、自分がどうやら、ピロリ菌に感染しているらしいことは、もうわかっていたので、この際、はっきりさせたいと思っていました。

 

ちなみに、実際の自宅で行ったピロリ菌検査の様子はこちらです。
 1. DEMECALデメカル社のピロリ菌検査キット(抗体検査(血液))の場合

 

 2. ストロングステップ ピロリ菌検査キットの場合。

 

 

 さて、先生と話しをし、ピロリ菌検査を行うことになりました。正直、ピロリ菌検査だけを受けに病院にいくのは、理由を聞かれたり、拒否されたりするのではないかと思い(そんなことはないんだと思いますが)、実は行きにくいなあと思っていたのですが、小生の場合、前述のように胃炎もみつかったので検査することは問題なかったです。

 

 しかし、その場ですぐにピロリ菌検査を行うことはできないようで、日を改めてまた病院へ。早く結果が知りたいのになかなか進まず。

 

 

次のページ(6.ピロリ菌検査を行う)へ

 

 

前のページ(4.胃カメラ検査結果の説明を受ける)へ