ピロリ菌検査の情報をお届けします。

実際に検査をやってみた!(健康管理館 抗体検査(尿))

健康管理館 抗体検査(尿)を使用して、ピロリ菌の検査を行ってみました。こんな感じで送られてきます。注文後すぐに送られてきました。

 

 

検査キットの中味です。容器、採尿コップ、返送用封筒、と検査申込書が入っています。特に特別なものは入っていませんが、ピロリ菌の感染が確認できればいいので、問題ありません。

 

検体の尿を入れるための容器。

 

採尿コップ。

 

さて、採尿します。採尿コップを組み立てます。コップ状にするだけです。

 

採尿コップに尿を取って、そこから容器に吸わせます。

 

採尿完了。

 

検体(尿)と検査申込書を封筒に入れ、投函します。検査結果入手方法の欄は、郵送、インターネット、e-mailから選択できるようになっています。小生はインターネット、を選びました。暗証パスワードの設定が必要です。検査申込書は複写式になっているので、お客様控えは自分で保管しておきます。封筒はキットに同封されています。結果がくるのを待ちます。

 

 

 

その結果は!?

 私のピロリ菌検査の結果です。検体(尿)を投函を、結果を待ちます。インターネットでの検査結果報告を選択したつもりが、メールアドレスの記入漏れがあることに気が付き(控え)、結局郵送で送られてきました。1週間ぐらいで結果がきました。下記が結果です。

 

拡大すると、

 

ということで、ピロリ菌感染、陽性でした。他のピロリ菌検査キットの結果と一致していて、ピロリ菌に感染していることは間違いなさそうです。

 

 

 

この後、定期健康診断の結果もあって、病院でもピロリ菌検査、そして、ピロリ菌除菌を行っています。そのレポートはこちら